Kimispi Movie

A perfect place to watch the movie

Spread the love

ギャンブルは、ハリウッドの黄金時代から今日に至るまで、多くの監督や作家に影響を与えてきました。その 中でもポーカーは最もよく使われている代表的なゲームで、ブラフやツイストやターンは映画で描写するのにピッタリです。ポーカーの世界を描いた、注目すべき映画も過去に何作も上映されています。今回は、そんな映画の中でも、記憶に残る作品を年代順にご紹介します。

ポーカーもいいですが日本人に大人気のバカラもオンラインでプレイしましょう!

シンシナティ・キッド

ノーマン・ジュイソン監督によるこの作品は、観る人をポーカーのビッグゲームに没頭させてくれるでしょう。最後の瞬間まで、サスペンスに満ちたストーリーで、感情が揺さぶられます。

The Scam(原題)

ジョージ・ヒルは、カードで作られた家と同じくらい壊れやすい彼の独創的な世界、『The Scam』に観る人を誘います。

マーベリック

リチャード・ドナー監督のマーベリックは、登用された俳優陣の優れた演技と穏やかな人柄、そしてさりげないユーモアの見事な融合で成功しました。

Scams, crimes, and botany(原題)

ガイ・リッチー監督の『Scams, crimes, and botany』は、登場人物たちの破茶滅茶な世界に観る人を誘います。

ゲームの達人

ダミアン・ニーマン監督の『ゲームの達人』では、ロサンゼルスにあるギャンブルクラブの危険な闇の世界が描かれています。

Five cards to be shed(原題)

ヘンリー・ハサウェイ監督のこの作品で、ファイブカードでの命がけのカードゲームにご参加ください。

オーシャンズ11

スティーブン・ソダーバーグ監督のこの作品は、ハリウッドの名優(アンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツ、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット…)が勢揃いした豪華な映画で、ルイス・マイルストンの名作『The Unknown of Las Vegas 1960』の現代版として撮影されました。

ザ・プレイヤー

ジョン・ダール監督によるこの作品は、ノートン、デイモン、マルコビッチの名優を揃え、ポーカー映画の最も現実的な部分を描いています。

ハバナ

シドニー・ポラック監督による映画『ハバナ』は、オリンとレッドフォードのデュオを完璧に描写しており、葉巻とワイルドなキューバのサルサの世界へと観る人を誘います。

ラッキー・ユー

カーティス・ハンソン監督によるこの作品では、世界最高のポーカープレーヤーが競い合う、シン・シティ・ラスベガスラウンジの世界を垣間見ることができます。非日常が味わえる映画であることは間違いありません。

007 カジノ・ロワイヤル

『007 カジノ・ロワイヤル』はジェームズ・ボンドファンが満場一致でシリーズ最高の映画の1つとしてみなす作品で、そのプロットの大部分が、莫大な賭け金(10人のプレーヤー、1,000万ドルの基本チップに、500万ドルの追加チップ!)を伴うポーカーゲームが中心に描かれており、モンテネグロで国際的な麻薬売買組織に挑戦します。

BIG BANG AT DODGE CITY (原題)

ポーカートーナメントには、毎年最も裕福な男性が集まるものでした。 定住する農場を見つけ購入する資金を稼ぐために、ある家族がそのトーナメントに立ち寄った日について描かれた作品です。 貧しいけれどポーカーゲームの大ファンである父親は、妻と息子の大反対にもかかわらず、トーナメントに参加したいと考えていました。

ハイローラー

アメリカの偉大なロバート・アルトマン監督のこの古き良き作品は、『カリフォルニア・スピリット』が原作となっており、非常に多彩なポーカーの視点を見ることができます。このタイプの映画の多くが、 特定のゲームや強いハンドに焦点をている一方で、「ハイローラー」ではポーカーをプレイするのは自然な生き方であることが強調され、プレーヤーの日々の生活に大きなな影響を及ぼしています。

ハイローラー:ステュアート・アンガー物語

ポーカーの大スターステュー・アンガーに捧げられた魅力たっぷりのこの伝記では、このプレーヤーの一見華々しい人生は実は悲劇的な運命であると伝えています。大きな成功を収めた映画で、彼のマフィアとの関係やポーカーのワールドシリーズの数々の勝利を収めたことだけでなく、麻薬中毒を患った彼の暗い側面をも紹介しています。

ザ・ギャンブラー

当作品は、画面上のキャラクターと自分を同一視しがちなゲーム純粋主義者のための映画です。また、全ての中毒に対するかなり厳しい警告を含んでいます。

21

21は、有名な実話に基づいた、モダンクラシックなカジノ映画です。 ベガスストリップの主要なカジノでカードカウンティングの素質がある学生たちを指導する数学教師(ケビン・スペイシー)のストーリーで、まだオンラインギャンブルが存在しない時代でした。

ザ・クーラー

ウェイン・クレイマー監督の本作では、ウィリアムH.メイシーが珍しいキャラクターを演じています。 メイシーが、この映画のタイトルにあるクーラーで、カジノが白熱している賭けのテーブルに彼を立たせるほど運のない男性です。 なぜなら、間違いなく彼らの運が傾くため、カジノの優位性が保たれるからです。

ハスラー2

エディは過去のビリヤードチャンピオンで、、引退して大きな酒屋になる前にかなりの成功を収めた詐欺師でもありました。彼は若くて才能のあるビリヤードプレーヤーのヴィンセントにバーで出会い、彼を弟子にすることにします。この2人の主人公は、 時間が経つにつれて、お互いをライバルとして見るようになるのです。

カジノ

マーティン・スコセッシ監督のこの大ヒット作は1995年にリリースされました。2人のギャングの物語が展開していきます。そのうちの1人は、ゲーム業界での堅気のキャリアを望んでおり、お金と権力を手に入れたいと切望します。

モリーズ・ゲーム

この映画は、悲惨な事故の後でポーカープレーヤーになった元スキーチャンピオンのモリー・ブルームの回想録に基づいています。 彼女はハイリスクの違法ゲーム(ポーカー)を開催し、闇の世界で急速にのし上がっていきます。

ルール・オブ・デス/カジノの死角

クライヴ・オーウェン演じるジャック・マンフレッドという名のしがない作家は、ロンドンにある豪華なカジノのディーラーになることを余儀なくされます。 その直後から、彼の人生はジェットコースターのように激しく回転したり、方向転換するなど、スリルと興奮に満ちたものとなりました。 ルール・オブ・デス/カジノの死角は、ゲーム業界の新たな側面を描写するもので、 ありきたりな映画とは全く異なるジャンルの作品です。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

ガイ・リッチー監督の作品で、ハチェット・ハリーという名の悪党を相手に3枚のカードで勝負するブラグでかなりの金額を失ったイギリスの4人の友人たちの物語です。彼らは借金を返済するためにお金を調達できなければ、彼らの1人の父親が経営するバーを手放さなければならなくなるのです。本作は感情表現が豊かで、強盗や暴力が頻繁に登場します。また、予算以上の金額を賭けるべきではないという重要なメッセージも伝えています。

ハネムーン・イン・ベガス

あなたがギャンブラーなら、ラスベガスは新婚旅行を過ごす最適な場所ではありません。貯金のすべてをポーカーに費やしている主役のジャック・シンガーをニコラス・ケイジが演じます。彼はジェームズ・カーン演じる彼のライバルであり、詐欺師の男に婚約者を貸すことを余儀なくされます。彼の婚約者が次第にその詐欺師に惹かれ始めてしまい、ジャックは手遅れになる前に彼らを追跡する必要に迫られます。このロマンティックコメディ映画はきっと楽しんでいただけることでしょう。

ラスベガスをやっつけろ

『ラスベガスをやっつけろ』は、ロサンゼルスからラスベガスに旅行する2人の友人のサイケデリックスで不運な物語です。

ジャッキー・コーガン

この映画は、スクート・マクネイリーが演じるフランキーという名の素人泥棒が、ビンセント・カラトーラが演じる別の犯罪者であるジョニー・アマートに雇われるというストーリーです。彼は、頭の悪い友人と一緒に、マフィアのボスが運営するカードゲームの賞金を盗み取ります。マフィアはすぐにブラッド・ピットが演じるジャッキー・コーガンを雇い、強盗の犯人を追い詰めていきます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x